憂鬱ラヂオ

頭文字Dの夢小説と普段の生活の綴りです

「シマウマ」小幡文生 “狂気を無二の友とし”

あすは我が身、と思って読んでいたが
これ実写映画したらヤバイな、とも思っていて
読み進めていく内に本の帯に5月実写映画化!と銘打たれていて え マジか!!と驚いたけど
TSUTAYAでレンタルはまだか!!え!DVDの発売11月6日なの!?マジか!!

絵が上手いと思う
クローズの高橋ヒロシとちょっと作風が似ているかな、クローズうろ覚えなんではっきりとは言えませんが
狂っていく、ドラ
アカは、ドラを殺すのか?
アカは、死んだのか?
キイヌは、何処に居るのか?
裏の裏で操って仕組んでいる者は、一体何者なのか?
読者にそう色々考えさせられる、面白い漫画だと思います
14巻でもう完結していたと思っていたのに・・・まだまだ序章に過ぎなかったのか
これから佳境に向かっていくのか、見物ですね
でもそろそろ締めた方がいい気がする、「ええ?ここで新キャラ登場?」って感じたから
少しくどい様な
それが作者の意図なのかも知れないけどね
僕はその意図に見事に足を絡め取られた訳だ
もう作者の手の中である。