読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憂鬱ラヂオ

頭文字Dの夢小説と普段の生活の綴りです

5分で習得出来る!簡単カラ松クッキング

①みそ汁

運動神経悪いから改善しようと思ってバスケ部に入部したはいいものの一向に上手くなる気配がしないと自分でも思ってたらコーチから遂に声がかかって、たまたま傍に居た上手な先輩に指導してもらえ と言われ二人で残って練習をする事になった

松野「ちょっと上手くなったんじゃないか?」
ひとけのなくなった体育館で夜遅くまで随分と熱心に教えてくれた彼に私は私なりのお礼をしようと思った
倉庫へボールを仕舞いに行った時がチャンスだよ。


②とろろぶっかけうどん

運動神経鈍いくせにバスケ部に入部していつも皆の足を引っ張っている そんな中、松野くんだけが励ましの言葉をかけてくれていた

今日は練習試合 緊張して松野くんからのパスを顔面で受け止めてしまった私は床に崩れ落ちた
松野「すまない!!大丈夫か!?」
平気、と言うも鼻から血を流している事に気付いた
保健室へと連れて行かれると先生は椅子に座りながら眠っていた
何がどこに置いてあるか熟知しているらしく(なんでだろう?)手当てをしてくれると血は止まった
安静にしといた方がいい、とベッドへ寝かされた
おんぶして運んでくれたので優しい所あるなと思っていたら松野くんが動かなくなった
どうしたの?と聞くと、上半身裸になって 「これは血が付いたから洗わないとな。さっきは安静にしとけと言ったが、お前を背負った時から俺の心は安静じゃなかった」のしかかられてバージン喪失

途中眠りから覚めて事に気付いていた先生は「チッ…今回だけだぞ…」というオチ付き
実はここから三角関係へと発展するんですが、それは長くなりそうなのでここらで留めて置いた方が良さそうです

今日も明日へと夢を馳せる

事件考察

宮城で起こった子供二人とその父親が沼に転落して死亡した事件、とても興味深いと思った。

先に父親が沼に落ちてしまう可能性は比較的低いと仮定して、子供のどちらかが沼に落ちて父親が助けに沼に入り、父親の後を追い残りの子供も続いて入る
そしたら、ぬるぬるとした底無し沼に足を取られて藻掻けば藻掻く程沈んでゆく

その時、三人は互いの顔を見る暇はあったのだろうか。
最後に何か会話をしたのだろうか。
なんとか抜け出そうと必死でそんな暇など無かったのだろうか。

口内に侵入してくる汚い泥はさぞかし不味かっただろうに

そして、夫、子供二人を失い一人遺された妻の事を考えると、とてもいたたまれない
事件当日は、哀しくて眠る事など出来なかったに違いない
己も三人の後を追おうと自殺してしまうのではないか…と危惧している



それから、奈良で発生した兄が弟の頭にもりを突き刺し死亡させた事件
普通に考えてもりは渡す相手に向かって投げる物では無い
意図してやったのか?
兄は野球を得意としていて、それで投げる事に絶対の自信があったのか?
謎である。



更に、これは最近の事件では無いが、新幹線で焼身自殺を図った男
いいね、焼身自殺は
僕もかつては焼身自殺を図ろうとした事があったもので
今思うと図ろうとした際邪魔が入ってこうして生きていられるのが本当に良かったと思える。
だけどね、自殺を図るのなら他人に迷惑を掛けては駄目だ
人間に恨みがあって他人を巻き込みたかったのか?
凄惨な事件としてメディアに大々的に取り上げて貰いたかったのか?
自分勝手はいけないな

少し不謹慎と思われるかも知れないが、僕の思いの丈をここにぶつけました。
これからも僕の興味、好奇心をくすぐる様なニュースお待ちしています

蛞蝓って漢字で書かれても意味分からないよね

最近食べる事に喜びを感じない
朝ごはんはヨーグルトだけで十分
確かにお腹はすくけど食べ物を何か口にしたいと思わない
カルビーのポテチ関西だしじょうゆ なら食べたいと思う
それもカルビーのポテチ関西だしじょうゆ限定である。
ツレが山ほど惣菜を買ってくるので冷蔵庫の中には常に何かしら食べ物がある
僕はどうせ食べずにそのまま放ったらかしでいつの間にか賞味期限が切れていたりするのにね
納豆に一時期ハマっていたがもう食べ飽きたのでいらないと言っても懲りずにツレは僕の為に納豆を買ってくる
カレーなら食べれるかな
デザートもいける
神戸かりんとうしゅー という洋菓子があるのだが
これがまた絶品で
僕が一度でも美味しい!と言えばツレはそれをわんさかと買ってくる
かりんとうしゅー もそろそろ食べ飽きた頃なのに二個も買ってくる
せめて一個にして・・・二個だと食べるのを強制させられてるみたいな気持ちになるから

ツレは僕が沢山食べてくれると、嬉しい と言う
期待に添えなくて悪いけど僕には僕なりの考え方があって ペースがあって それに沿っている訳だから、あまり高望みはしないで欲しい
近頃美味しいと感じるのは煙草だけだから

家の近くにスタバがあって、時たまドライブスルーでチャイティーラテのグランデを買う
初めて飲んだ時あまりの美味さに感動して
それ以来スタバは絶対チャイティーラテと決まっている

いつも通うクリニックの担当医に「痩せすぎとちゃうか?」と心配されたけど
食べる気無いんだから仕方が無い
一日ウィダーインゼリーのみだけでも大丈夫
ジュースと煙草があれば何も問題ない
拒食症・・・ではないと思う
食べる時は食べるし いらないと思ったときはちょっとしか食べない
胃が小さくなってしまってるんだな、これ

今食べたい物は、焼き飯
昨日定食屋行って焼き飯頼んだらもう無いと言われ妥協してオムライス頼んだから
悔しい
やっぱり食べ物の恨みは怖いですね

スパルタの狐 16

目が覚めると横で慎吾が煙草をふかしていた。私は左手を見た。あ、夢じゃなかった…私は現実に生きていたんだ。軋む体を起こして血の滲んだガーゼを当てた左手首にそっと右手を重ねた。よかった…生きていたんだ…「おい」ハッとして横を向いた。「な、何…?」私はまだ慎吾にびくびくしていた。「それ、なんだ」ドキッとする。「俺そんなのしてないと思うんだけど」心臓が激しく鼓動を打つ。「それが何?悪いの?」胸に左手首を右手で包み込むように持ち心を支えた。吸っていた煙草を揉み消し、慎吾は私に向き合って急に抱き締めてきた。打撲跡がまだ痛みに喘いでいた。痛い程に抱き締めてくる慎吾に戸惑っていると、「こうなったのも、全部、俺のせいって分かってるんだ。でも…俺も、衝動を抑えきれないんだ。ごめん。謝っても、済む問題じゃねぇよな…」更に抱きすくめられる。「慎吾、痛い…よ」私は慎吾をつき跳ねた。「そうよ、謝っても済む問題じゃないって、自分でよく分かったわね、これはどうしようもない事なのよ…私、もう止められないわ」俯き黙っている慎吾に私は続ける。「こうなったのも全部あんたのせい、あんたのせいなの」「俺が馬鹿だった」「馬鹿じゃない、愚かよ、クズよ」肩で息をして私は全てを吐き出した。「でもお前ももう俺から離れられないって分かってるんだろ?」ニヤついた顔をして慎吾は暗い眼差しでそう言った。ぎくりとした。そう、私は、どんなに叩かれようと、殴られようと、もう慎吾という呪縛から逃れられない、逃げれない、避けれない、のだった。光ももう差さない深い深い穴へと堕ちていた。私は俯いた。悟られたくなかった。「傷見して」私は首を横に振った。腕を掴まれたが振り払おうとしても全然かなわなかった。ガーゼを剥がされて昨日の傷が世界へと姿を現した。「フフッ…俺はこの傷さえも愛しいし好きだぜ」まだ癒えない傷口から血が溢れてそれを貴方は啜ったね。私は自分を殺した。

スパルタの狐 15

私は目を覚ました。隣の慎吾は居なくなっていて、毅も居なかった。私は体を起こした。時刻は14時だった。毅が作り置きしてくれていた冷蔵庫の中のものを電子レンジで温めて食べ、風邪薬を飲んだ。水を飲みながら私は考えていた。やがて、ある思考回路にいきづいた。出掛ける準備をして、外へ出て自転車に乗った。外は雨が降っていたが、傘も持たずそのままで来た。ドラッグストアへと漕ぎ出した。狭い道を通るときに車が横を通過して水たまりが激しく私へと降り掛かった。どうせ傘も差してないし、ちょっとぐらい濡れたって同じ事だった。広い道へ出て、ドラッグストアが見えてきた。自転車を停め、店内へと入った。店内に人はまばらだった。私はガーゼとガーゼをとめるテープと消毒液を買った。店員さんが一瞬私の顔を見てぎょっとしたが、すぐにスルーしてくれたので内心ホッとした。鞄の中に買った物を入れて外へ出た。さっきより雨脚が酷くなっていた。少し離れた所にあるコンビニへと寄って、カッターを手にしレジへと向かった。こちらの店員さんも驚いた顔をしていたが、無事スルーしてくれた。どうせ、私はその程度なのだ。どうせ、どうせ…。家に帰ると下着まで水が浸透した服を全部洗濯カゴへ放り込んで暖房を付けた。タオルで濡れた体を拭くと打撲跡がキリキリと傷んだ。部屋着に着替えて、体を拭いたタオルを床へ乱暴に叩き付けた。そのタオルのそばへ座って鞄から買って来た物を取り出した。カッターをチキチキ…と刃先を出すと左手首へとあてがった。力の限り思い切り右へと引いた。赤い細い線が出来て、ポツポツと血が噴き出してきた。もう一度別の場所にカッターを当ててサッと引いた。今度は太い線が出来た。そこから溢れ出す赤い私の体液…あは…あはは…下へと零れ落ちる涙。私は泣きながら嗤った。どんどん赤い線が増えていった。タオルは真っ赤へと染まった。ある一定のラインまで到達すると私はその行為を辞めた。血でこびり付いたカッターを捨て、水道の水で手首を洗った。消毒液を傷へ噴射して、血がとめどなく流れてくるので急いでガーゼを当ててテープでとめた。これはいけない兆候だなと自分でも分かっていた。けれど、衝動には勝てなかった。慎吾は私を大切にしてくれているのかそうじゃないのかよく分からなかった。私はベッドへ横になり静かに泥の中へと沈んでいった。

スパルタの狐 14

慎吾は私を無理矢理引っ張り玄関のドアへと向かった。そのままバタンと閉め鍵をかけてしまった。外から毅の声が聞こえる。ドアをドンドンと叩く音。おい!開けろって!!慎吾はそれを無視して私をベッドへと投げ出した。「慎吾っ…毅が…」その言葉さえも無視されて私は後ろ手に手錠をかけられた。「俺は今苛立っている。分かるな?」ズボンのベルトを緩め始めた。「待って…」下着を取り去られて慎吾はそのまま突っ込んできた。「痛いっ痛いよ」私は暴れて逃れようとしたが首をガッと掴まれた。「黙っとけよ」「う…あ…」首にかけられる圧力がどんどん強くなる。苦しい。息が出来なかった。「このままお前を殺してやってもいいんだぜ」慎吾の顔を見たが目の焦点は定まっておらずどこも見てなどいなかった。右手が振り下ろされて私の顔面へと直撃した。「俺はお前が憎いよ」また直撃した。慎吾は今怒りで何も見えていないんだ。仕方のない事だった。慎吾はこうなるともう手が付けられない。ボコボコにされながら、私は犯された。
慎吾は眠った。部屋がしんとしている。ようやく慎吾の目から解放された私は手錠をかけられたままそっとベッドを抜け出した。玄関へと向かい後ろを向いて手探りで鍵を開けた。ドアノブに手をかける。手が吊りそうだった。重みでドアが開けられなかった。「毅…」小さく声をかけるとドアの重みがスッと引いてドアが開いた。ドアに毅はもたれていたのだ。「亜澄、大丈夫…」毅はぎょっとして私の顔を見た。自分ではどうなっているかが分からないので判断しかねたが、左の目が半分しか開かなかった。顔中がじんじんとする。体のあちこちもだった。「くそ…」「毅、外寒かったでしょ、早く入りなよ」部屋着のまま何も持たず寒空の下に置かされていた毅はいたたまれなかったに違いない。「早く…私、疲れてるの。酷く」「すまん。悪かった」毅は部屋の中へと入った。手錠を外してもらい傷の手当てをしてくれた。とは言っても打撲傷ばかりだったので、別になんら大した事じゃなかった。それは私にとってはの話で、毅にはきっと違うんだろうなあと思った。「熱も酷いな…今すぐ寝た方が良い」私は頷いた。私はそのまま眠った。

モンハン日記一日目❀

中学校時代から知り合いの友達とフレンド登録し合って離れたお互いの家からオンラインに繋いで一緒に狩りに出掛けた(((o(*゚▽゚*)o)))

鬼蛙と青熊と毒怪鳥を狩った!
こうして誰か友達と狩りに行くのは実に7年振りなので、僕がクエスト受注して友達の出発を待たなきゃいけないのに僕一人でクエに旅立って行ってしまったりとミスはあったけど、めちゃくちゃ楽しかった!!

友達クエ中にまさかの電池切れで消えて僕一人で毒怪鳥を狩る羽目になったりと、アクシデントは絶えなかった
しかし、何かと楽しかったのです!!
モンハンクロス買って良かった!

興奮冷めやらぬのでこうして日記を嬉嬉として書いている所存であります

ソロプレイでは決して味わえぬ、友達が居てこその狩り…これはクセになりますな!!

また友達とこれからもプレイしたいと思います。

僕一人で毒怪鳥を相手にしなければならなかった時、解毒薬ももう無くなって応急薬も回復薬も回復薬グレートも無くなって、毒に侵されて「あ、これもう駄目だな」と終わりを悟った瞬間、体力後もう少しの所で毒怪鳥が倒れてくれて思ってもみなかったクリアをしたのは奇跡だったし命拾いした。ヒヤヒヤさせるなあ。もう。